• HOME
  • 重要事項説明

重要事項説明

 

KCPS 重要事項説明

KDDIクラウドプラットフォームのサービス(以下、本サービス)のご利用にあたっては、この「重要事項に関するご説明書」の内容を十分にご理解の上、ご利用ください。なお、本説明書に記載の内容につきましてはお客さまへの事前通知なく変更する場合があります。

項 番 区 分 内 容
1 品質 ネットワーク・サーバ等の計画作業により、一時的に通信が切断されることがございます。接続を常時保証・確保するサービスではございません。また、お客さまのサーバがウイルス感染などの影響を受けサーバから膨大な通信が発生した場合、または外部からの攻撃対象となった場合などお客さまサーバの通信において異常を検知した場合、他お客さま向け通信を保護するためならびに設備保全のため、お客様向けの通信を安全が確認できるまで一時的に停止させて頂く場合があります。
2 品質 本サービスのSLA(サービス品質基準)について、月間稼働率が99.99%未満のとき、該当月のご利用料金の10%に相当する金額を返還致します。本制度は適用範囲ならびに除外事項(メンテナンス時間や冗長系に切り替わるまでの時間等)がございますので、詳細についてはガイドブックをご確認ください。
3 品質 本サービスで提供する各サーバ、ストレージ、ネットワークは冗長構成(N:1含む)となっております。尚、ネットワークやその他設備については複数のお客さまで共有している部分もあり、混雑状況によっては一時的に品質が低下する場合がございます。
4 品質 本サービスに保存されたお客さまのデータが、滅失し、毀損し、漏洩し、又は本来の利用目的以外に使用されたことにより発生する損害については、KDDIは責任を負いません。
5 ライセンス 当社が提供するライセンス製品について、提供できるパターンに制限がございます。
また、お客さまが持込みする際にも条件等制限がございます。詳細はガイドブックをご確認ください。
6 ライセンス 当社から提供するライセンス製品に関して、サポートが必要な場合、別途有償サポートサービスのご契約をいただく事を予めご了承頂くものとします。なお、お客さま持込みのライセンス製品については当社からサポートはできません。
詳細はガイドブックをご確認ください。
7 ストレージ Premium・Valueともに1仮想サーバに割り当てられるボリューム数、1ボリュームあたりの割り当て容量に上限がございます。
また、ボリュームの追加削除は可能ですが、1度作成したボリュームのディスク容量の変更はできません。ただし、Ver2で作成したボリュームは、ディスク容量を増やすことは可能です。詳細はガイドブックをご確認ください。
8 ストレージ お客さまにて複数仮想サーバ(インスタンス)をご利用頂いている場合においても、ストレージ設備(RAIDグループ)は同一になる可能性がございます。ただし、エクストラアベイラビリティ機能を追加したPremium上に仮想サーバ(インスタンス)を作る場合は、ストレージ設備を分散した構築をすることが可能になります。詳細はガイドブックをご確認ください。
9 ストレージ Admin Consoleでのスナップショット機能をご利用の場合、データの整合性を確保するために、お客様自身でサーバを停止させたうえでのご利用を推奨します。なお、稼働中に利用した場合は、十数分程度OSが停止状態となります。
Ver2において、システム領域を含むボリュームについては、お客様自身でサーバを停止させたうえでのご利用を推奨します。スナップショットが完了するまでの間仮想サーバの起動ができません。
追加ボリュームについては、静止点(ディスクをアンマウントした状態)を確保した上で、サーバ稼働中のご利用も可能です。詳細はガイドブックをご確認ください。
10 ストレージ メインサイトにてスナップショットを利用した場合、取得したデータはバックアップストレージに格納され、遠隔地の別サイトへも保存されます。メインサイトが被災・復旧した際、当社が別サイトからメインサイトへ復元作業を行った後にご利用頂くことが可能です。別サイトに保存されたデータをお客さまがそのままご利用頂く事はできません。Ver2では、サイトバックアップ機能を利用することで別サイトに保存されたデータについてもお客さまにてご利用頂く事ができます。
またスナップショットについてタイムアウト値が設定されております。詳細はガイドブックをご確認ください。スナップショットならびにVer2で提供するサイトバックアップに要する時間は目安であり保障するものではございません。本重要事項に関するご説明書、項番3の品質に準じます。
11 ネットワーク 1仮想サーバ(1インスタンス)には、作成時に3つのネットワークセグメントを割当、利用することが可能です。また、当社が設備・監視運用等を行うため、仮想サーバに割り当てできないIPアドレスがございます。詳細はガイドブックをご確認下さい。
12 ネットワーク 仮想サーバ(インスタンス)の設定変更について、NICの追加/変更/削除、およびIPアドレスの変更はできません。
Ver2の仮想サーバ(インスタンス)は、作成後Admin ConsoleからNICの追加をすることが可能です。ただし、仮想サーバ(インスタンス)作成時に割り当てたセグメント含め最大10個までとなります。また、追加割当の際IPアドレスは自動払い出しとなります。詳細はガイドブックをご確認ください。
13 オブジェクト
ストレージ
ネットワーク伝送帯域について
お客様データのネットワーク伝送帯域は100Mbpsベストエフォートとなります。
※トラフィック量を監視しながら、適宜、設備増設を行っていきます。
14 オブジェクトストレージ 月額料金について
0~1TBまで8,000円。1TBを越えてご利用時は、1TB毎に8,000円をご請求致しします。なお、ご利用が無い場合でも(保存容量が0Byte)、利用料金(8,000円/月)が発生します。
※開通初月は無料です。
※日次データ量の最大値を元に翌月ご請求致します。
15 オブジェクトストレージ 同時接続数について
同時接続数は「100セッション/契約」が最大となります。
16 オブジェクト
ストレージ
Admin Consoleでのクォータ(使用量制限)設定について
お客様が設定したバケット使用量の上限値を超えた際に、それ以降のデータ格納を制限します(データ格納時、既に使用量の上限値を超過していた場合は、それ以降のデータ格納はできません)。
※一度制限を設定したバケットも無制限設定に変更可能です.クォータ設定値を超えて保存されたデータ容量も課金対象となります。
クォータ設定により、想定外(世代管理の設定ミスなど)のオブジェクトアップロードを防止することができます。
17 オブジェクト
ストレージ
保存データ量について
保存データの実際の使用量が、お客様が格納したデータ量よりもが大きくなること、及び保存データを全て削除したとしてもデータ使用量がゼロにならないことがあります。
18 オブジェクト
ストレージ
データ保証について
データの損失・破壊については保証いたしかねます。
また、本サービス解約後のデータは解約後2か月以内に削除されます。解約お申し込み後は、データ復元等の如何なるご依頼にもお応えすることはできません。
19 運用条件 お客さまが利用中の仮想サーバを運用等当社の都合により事前の予告なく、ライブマイグレーション技術による収容物理サーバの変更を行う場合があります。また、作業実施中はNW通信断が発生致します。(当社実績値で最大30秒程度)その他、作業実施中はAdmin Consoleによる当該仮想サーバの操作はできません。
20 運用条件 故障発生時は、お申込情報で頂いた連絡先にご連絡致します。故障状況によってはご連絡まで多少お時間を頂く場合がございます。なお Admin Console、拡張FWカスコンの故障その他NW機器等、冗長設備の系切替えによる故障については通知しません。
21 運用条件 故障発生時、正常にフェイルオーバするまで15分~30分程度の時間がかかる場合がございます。
なお、故障状況によってはさらにお時間がかかる可能性もございます。
22 運用条件 故障発生におけるKDDIでの復旧対応範囲は仮想化基盤(Hyper-visor)からみてOSが復旧している状態の確認実施までとなります。(持込みOSの場合はお客様での対応となります)
アプリケーションの復旧確認はお客さまにて実施頂きます。
重要なサーバについては予めOSバックアップの取得ならびに保管をして頂きますようお願いいたします。
23 その他 ISOファイル、その他サーバイメージファイルを持ち込む場合、インターネットに公開されており、認証が不要なWEBサーバを別途ご用意頂く必要がございます。詳細はAdmin Console操作マニュアルをご確認ください。
24 その他 パブリックフロントセグメントのローカルIPアドレスは、仮想サーバ作成時に任意に割り当てられます。
仮想サーバを作成後、停止することで、その仮想サーバに割り当てられたローカルIPアドレスを複数の仮想サーバで共有し、クラスタ構成をとることができます。ローカルIPアドレスを確保するために作成した仮想サーバは、停止中もご利用料金(CPU・ディスクなど)が発生します。Ver2の場合、セカンダリIPの設定をすることによって、ローカルIPアドレスを確保するための仮想サーバ(インスタンス)を作成する必要はありません。

 

ファイルサーバー 重要事項説明

No カテゴリ 重要事項説明
1 契約 ファイルサーバーを申し込むことで、ファイルサーバー機能を提供するのに必須の「OS利用オプション」「ウイルスチェックオプション」「KCPS マネージド ファイルサーバー利用」の利用に合意したとみなします。これらを個別に解除することはできません。(ファイルサーバー機能が提供できなくなるため)
2 料金2ヶ月減免 FS契約は2ヶ月減免の対象外となります。
3 アクセス制限 ファイルサーバー用途に限定した利用が条件となるため、サーバのadmin権限は開放しません。
4 アクセス制限 Systemボリューム配下の各種フォルダの権限に初期設定されている「Everyone/フルコントロール」については、グループ/ユーザーを変更して問題ありませんが、アクセス許可内容は変更を行わないようにお願いします。
※システム上必要な許可内容を設定しており、変更された場合システムが正常に動作しない可能性があります。
5 VSS(ボリュームシャドウコピー) VSSはバックアップではありません。VSSの仕様(マイクロソフト仕様)として、VSSは消失する可能性があります。VSS消失やランサムウェア感染からの復旧にはバックアップサーバが必要となりますが、個別ソリューションの提供となります。
バックアップサーバが必要な場合は営業担当へお問合せ下さい。
6 VSS利用停止ツール VSS利用停止した場合、VSS利用再開はできません。再開作業は、個別費用が発生する作業となります。詳細は営業担当へお問合せ下さい。
7 Windowsアップデート MSが定期的に配信するセキュリティロール等についてファイルサーバーでは毎回適用しません。デグレなく運用するのに必要なパッチのみを都度判断して適用します。
8 ウィルスチェック 検疫はファイル更新時に行い、ウィルス駆除もしくはファイルを削除します。
なお、ウィルス検知時の削除に失敗した場合、ログ出力し、該当ファイルは削除されません。
9 RDP(リモートデスクトップ接続) RDPパスワードを忘れた場合の更新作業は、個別費用が発生する作業となります。詳細は営業担当へお問合せ下さい。
10 ストレージ拡張申込
(1TB⇒2TB)
借用時間中は、お客さまのAdmin Consoleからの操作(サーバ再起動及び停止)を禁止します。※データが消失する可能性があるため
また、ボリューム拡張に伴うメンテナンス作業で、当該ボリュームへのアクセスが一時的に停止します。
11 ストレージ減設申込
(2TB⇒1TB)
ストレージ容量の減設はできません。
12 解約申込 解約する場合、お客さまがMackerelからサーバの退役、対象のサーバとディスクを削除して解約となります。(解約申込書を提出する必要はありません)
詳細は「FS解約申込み方法」を参照して下さい。
13 サーバスペック サーバスペックは固定となるため、利用が集中するなど常時高負荷となる場合は、サーバ分割を実施して負荷分散を行ってください。分割に伴うデータ移行はお客さま作業となります。
14 計画作業 FSシステムメンテナンス作業のために、月1回メンテナンス時間帯(毎月第4木曜日AM0:00~8:00)を設けさせて頂きます。
※詳細は「保守・運用条件」参照
15 Admin Console操作 Admin ConsoleからFSに対して「Admin Console操作 – 機能一覧」ページの禁止操作を行った場合、動作保障はしません。

  • ディスクデタッチ/アタッチの操作をした場合、データの正常性は保障しません。
  • サーバ削除、ディスク削除は解約時のみ実施可能となります。
  • 調査/復旧等にかかる作業は個別費用が発生する作業となります。
16 OS仕様 ファイルサーバーの基本動作は windows2012R2 STDの仕様に従います。
17 ストレージ容量 申込の1TB単位はKCPS Admin Consoleの仕様上、1000GByte(物理容量)となります。
18 仮想基盤仕様 KCPSの仕様に従います。尚、FSで利用するミドルウエアのWSUS、SEPも同様。
19 利用用途 機能構成はファイルサーバーに特化しております。
企業内での業務端末、コンピュータからのファイルサーバーおよびユーザシステム等のバックアップを想定しています。数万を超えるフォルダ数やDBサーバのストレージ、携帯電話アプリのショートパケットを扱う機能等の弊社の想定する利用用途以外の利用はお客さま責任となります。尚、利用用途以外でのご利用により、他のお客さまへのサービス影響が出る場合、利用を強制停止いたします。
20 robocopyコマンド robocopyでLinux系OSからFSにコピーした際、ファイルにWindowsサーバが認識できない文字(例:ファイルの最後に半角スペースやピリオドが含まれている等)が含まれていた場合、削除等が不可となります。(お客さま及びKDDIでも削除できません)
21 Mackerel監視 MackerelはSaaSサービスのため、仕様はMackerelに準じます。
以下の操作はしないで下さい。異常時に正常な検知と通知が行えなくなります。

  • サービス「KCPS-FS」に紐づく全ての監視ルールやロールの設定の変更
  • KCPS ファイルサーバーの「監視ステータス」を「working」以外に変更
  • Mackerel全体の監視通知の無効化
22 ABE(Access-based Enumeration)機能 ABE機能により、アクセス遅延が発生する可能性があります。
23 FSRM FSRMはクォータ機能のみ保証します。
24 操作ログ 操作ログは、アクセスする操作端末のOS/edition/versionで異なります。そのため、操作結果は数万以上のパターンが想定され、KDDIとして全ての操作結果を保証することはできません。また、端末によってはログが出力されない場合もあります。
25 アクセス権復旧 お客さま起因によるアクセス権復旧作業は、個別費用が発生する作業となります。
26 調査対応 お客さま操作(停止/起動)に伴うWindows OSハングアップ等の調査(dump調査)は個別費用が発生する作業となります。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/03/29 2017/03/29