ファイアウォール

標準ファイアウォール(FW)と拡張ファイアウォール(FW)が選択可能です。

  • 両方ご利用することも可能です。

それぞれのスペックと価格は以下の通りです。

標準FWで設定できるポリシーは以下となります。

パブリックフロントセグメント上に構築した仮想サーバは、初期状態では、標準ファイアウォールとのNAT設定がされていません。
また、セキュリティポリシールールによって、KCPS内部から外部への片方向通信は疎通できるが外部からKCPS内部の片方向通信は
遮断する設定となっています。したがって、初期状態では双方向通信を遮断する状態となります。

許可ルールのみ追加可能となります。

  • 送信元CIDR:アクセス元IPアドレスをサブネットマスクつきで入力
  • プロトコル:TCP/UDP/ICMPから選択
  • 開始ポート:開始ポートを入力(TCP/UDP選択時)
  • 終了ポート:終了ポートを入力(TCP/UDP選択時)
  • ICMPの種類:ICMPの種類を入力(ICMP選択時)
  • ICMPコード:ICMPコードを入力(ICMP選択時)

拡張FWでは、帯域拡張およびDMZ構成を提供します。

  • 機能については、拡張FW頁参照
項目 スペック 月額料金
(税抜)
初期工事費
ベストエフォート
帯域
IP・Port
制限
DMZ
(*1)
セキュリティ
監視
標準FW 200Mbps × × 無料 無料
拡張FW 1Gbps × 50,000円 無料
拡張FW+
JSOCセキュリティ監視(*2)
1Gbps 130,000円 無料

*1 DMZ構成については、「DMZ接続」の項をご参照ください。
*2 JSOCセキュリティ監視は、拡張FWとセットでの提供となります。JSOCにて、拡張FWのIPS/IDSログの監視及びレポート発出を行います。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/03/29 2017/03/29