プライベート接続(WVS/WVS2接続)

初回のお申し込み時に、ご利用になるプライベートアドレスをご指定いただきます。
※追加申込みにより、1つの契約に対して、複数のWVS回線を接続することも可能です。

  1. イントラネットワークセグメント (KDDI WVS/WVS2と接続するアドレス空間)
  2. イントラフロントセグメント (仮想サーバのフロント側に付与されるアドレス空間)
    • KDDI WVSと接するイントラフロントセグメントとKDDI WVS2と接するイントラフロントセグメントはそれぞれ別のセグメントとなります。
    • IPセグメントのサブネットマスク長は「/24」が推奨となります。「/19」~「/28」の間で指定いただけます。
    • 「/24」を指定いただいた場合、ホストアドレスの割り当ては以下が推奨となります。設定可能な値は申込書またはオンライン申し込み画面にてご確認ください。
      用途 アドレス空間
      DHCPサーバ *.*.*.1~2
      仮想サーバ用物理IPアドレス※1 *.*.*.1~127
      仮想サーバ用仮想IPアドレス※1 *.*.*.128~234
      KDDI設備用IPアドレス※2 *.*.*.235~254

      ※1 物理IPと仮想IPの違いおよび用途
      ※2 申込み種別によってKDDI WVS/WVS2 L3SW、オブジェクトストレージ L3SW、エンドポイントURL、拡張FW GW、保守用IPアドレスが割り当てられます。オブジェクトストレージ エンドポイントURLについては、「オブジェクトストレージご利用方法」をご参照ください。

各サーバへのアドレス割当方法.

※詳細は「IPアドレスの割当てルール」をご参照ください

  • 各サーバにはAdmin Console上での操作にて、事前にお申込み頂いたセグメントから任意のIPアドレスが設定可能です。(※DHCPサーバ用にシステムが確保するIPを除きます)
  • 1仮想サーバには3セグメントまで接続可能です。

KDDI WVS接続の場合

WVSintraNWseg

 

KDDI WVS2接続の場合

WVS2intranwseg

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中2人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中2人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/03/29 2017/03/29