パブリック接続(The Internet接続)

グローバルIPアドレスを初期に各サイトごとに1つご用意します。

  • グローバルIPは仮想サーバに直接割り当てることは出来ず、標準FW/LBに割り当てられます。
  • 【Ver1】グローバルIPの追加は、1つの契約(M番号)に7個まで利用することができます。東日本サイト、西日本サイトを1つの契約で管理している場合には、全てのゾーンの合計で7個までとなります。
    【Ver2】グローバルIPの追加は、1つの契約(M番号)の東日本サイト、および西日本サイトそれぞれのゾーン毎に7個までの利用することができます。
  • グローバルIPの割り当てはランダムとなり、連続したIP空間になるとは限りません。
  • お客さまの管理するグローバルIPを仮想サーバに割り当てることはできません。

パブリックフロントセグメント内で、仮想サーバにはプライベートアドレス(10.1.1.0/24)が自動的に付与され、標準FW/LB上のグローバルIPアドレスと1対多NATが設定されます。

  • 1対多NAT時には、ポートフォワーディングにより、宛先仮想サーバを特定します。

パブリックフロントセグメントとは別にバックセグメントを構築することが可能です。

  • バックセグメントは、初回のお申込み時にご指定頂きます。
  • バックセグメントにはプライベートアドレスを設定可能です。(詳細はプライベート接続と同等です)

ご利用中のお客さまが新規にパブリック接続をお申し込みの場合は、開通作業後Admin Consoleのパスワードが再発行となります。

パブリック接続

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中2人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2人中2人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/03/29 2017/03/29