SLA (サービス品質保証制度)

安心してご利用いただくために、サービス品質の保証基準を設定します。
万が一この保証基準を維持できなかった場合、ご利用料金の一部をお客さまに返還致します。

 

KCPS

SLA対象区間

SLA対象区間

対象種別

Premium、Value各タイプ
※Customについては、個別契約内容になります。

保証基準

サーバの月間稼働率を99.99%以上

料金返還

月間稼働率が99.99%未満のとき、該当月のご利用料金の10%に相当する金額を返還致します。
ただし、WVS故障の場合、返還いたしません。

稼働率の計算式

月間稼働率=(月間総稼働時間-障害時間)÷月間総稼働時間×100

障害時間

お客さまがご利用中のサーバ若しくはネットワークが全くご利用できない状態を当社にて確認できた時間から起算して、連続した時間とします。
※ネットワークとは、インターネットCDN網接続GW部/WVS網接続GW部までを含む。
※サーバとは、仮想サーバ、ストレージを含む。

除外事項

  • メンテナンス時間
  • 本サービスの機能としての中断(正常に冗長系に切り替わるまでの時間)
    ※正常に切り替わった場合においても仮想サーバがAdmin Consoleで停止(Stopped)になった時点から起動中(Running)状態になるまで30分を超えた場合は対象となります。
  • お客さまが仮想サーバにインストールしたソフトウェア等による不具合
  • 本サービス設備以外の不具合による場合(DNS障害などでアクセスできない場合)
  • コンピュータリソース(CPU,メモリ、ストレージ)、NW回線のパフォーマンス劣化
  • Admin Consoleの不具合(サーバ稼働時間に影響を及ぼさない範囲)
  • Premium(KVM)において、オーバコミットをしている場合(※サービス提供範囲外となります。)

 

オブジェクトストレージ

安心してご利用いただくために、サービス品質の保証基準を設定します。
万が一この保証基準を維持できなかった場合、ご利用料金の一部をお客さまに返還致します。

SLA対象区間

07_oandm_1

保証基準

サービスの月間稼働率を99.99%以上

料金返還

月間稼働率が99.99%未満のとき、該当月のご利用料金の10%に相当する金額を返還致します。
利用料金の返却は、次回の当該契約先請求額と相殺することにより対応とします。
ただし、WVS区間およびKCPS区間の故障については、料金返還の対象外となります。

稼働率の計算式

月間稼働率=(月間総稼働時間-累計障害時間)÷月間総稼働時間×100

累計障害時間

累計障害時間=継続して以下の各号のいずれかに定める状態にあったと、KDDIが確認した時間とします。

  1. お客さまがご契約中の本サービスに全くアクセスできない状態(管理画面を除く)
  2. お客さまがご契約中の本サービスにデータ保存またはデータ読み込みのどちらかが出来ない状態

除外事項

  • 保守(計画)作業に伴う本サービスの中断
  • 本サービスの保守作業を緊急に行う場合
  • オブジェクトストレージAdmin Console(管理画面)のみの不具合の場合(オブジェクトストレージ稼働時間に影響を及ぼさない範囲)
  • お客様(利用者)が契約約款または法令等に違反したことによる場合
  • お客様環境、または本サービス設備以外の不具合による場合
  • 第三者からの攻撃、妨害による場合
  • 原因の如何を問わず、障害が継続した時間を測定できない場合
  • 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
  • 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合
  • 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合
  • その他運用上あるいは技術上の理由により、KDDIが本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/03/29 2017/03/29