バックアップ、リストア

バックアップ

Admin Consoleの操作で、手動または定期的に自動でボリュームのスナップショットを作成・削除することができます。スナップショットは、メインサイトとDRサイトのバックアップストレージに格納されます。
スナップショットのデータは、アプリケーションやデータベースの不具合や設備障害によりデータファイルが破損した際のリストアにご利用いただけます。
また、万が一のメインサイトの被災時もデータが保全されます。

※Ver1ではDRサイトに保存されたデータは、お客さま操作ではリストアすることができません。スナップショットを作成したサイト(メインサイト)が被災した場合、サイトの復旧後、弊社がバックアップサイトからデータの復元作業を実行します。その後、メインサイトにて、リストアが可能となります。リストアはお客さま作業となります。自動復旧ではありません。
※Ver2では、サイトバックアップ機能により、お客さま操作でDRサイトでのリストアが可能となります。(KCPS2を東西でご契約いただいている場合に限ります。)

ただし、以下の制約がお客さまシステムの条件に合わない場合は、バックアップ用のNFSサーバを構築するなどして、KCPSのスナップショット機能を用いないバックアップ方法をご検討ください。

Ver1

【ボリュームスナップショット機能の制約】

    • 仮想サーバを停止する必要があります。
    • スナップショットが完了するまで仮想サーバの起動はできません。起動するとスナップ取得に失敗します。

 ※ 100GBのスナップショット取得時間の目安は3時間となります。
 ※ スナップショットが完了する前に仮想サーバを起動するとスナップショットの取得に失敗します。

  • 複数ボリュームの同時処理には対応しておりませんので、複数取得する場合はディスクごとにスナップショットを取得してください。
  • 最大8世代までの設定となります。

【スナップショット機能の使用パターン】

スナップショット中の仮想サーバ停止が
調整可能な利用方法の場合
スナップショット中の仮想サーバ停止が
調整不可能な利用方法の場合
仮想サーバを停止し、対象ディスクのスナップショットを実行 KCPSのスナップショット機能は用いず、バックアップ用のNFSサーバをたて、バックアップソフトなどを用いてNFSサーバにバックアップデータを保存。
バックアップ処理の完了後、バックアップ用のNFSサーバを停止し、対象ディスクのスナップショットを実行。

Ver2

【ボリュームスナップショット機能の制約】

システム領域を含むディスク システム領域を含まないディスク
(データ領域/バックアップ領域)
  • 仮想サーバを停止する必要があります。
  • スナップショットが完了するまで仮想サーバの起動はできません。
     ※ 100GBのスナップショット取得時間の目安は2時間となります。
  • 複数ボリュームの同時処理には対応しておりません。
  • 最大8世代までの設定となります。
  • 数秒の静止点(ディスクを仮想サーバからアンマウントした状態)を確保できれば、サーバ稼働中のスナップショットが可能です。
  • ただし、スナップショットが完了するまでの間は、ディスクのI/O性能が劣化するため、システムのパフォーマンス劣化が許容されないシステムでは、スナップショット機能の利用は推奨されません。
     ※ 100GBのスナップショット取得時間の目安は2時間となります。
  • 複数ボリュームの同時処理には対応しておりません。
  • 最大8世代までの設定となります。

注意:ボリュームスナップショット機能をサーバ稼働中に利用する場合は、以下のように、データ領域やバックアップ領域のボリュームとOS起動ボリュームを分けるようにしてください。

【スナップショット機能の使用パターン】

スナップショット中の
仮想サーバ停止が調整可能な
利用方法の場合
スナップショット中の仮想サーバ停止が調整不可能な利用方法の場合
スナップショット取得中の時間帯において、
IO性能の劣化を許容可能なシステムの場合
スナップショット取得中の時間帯においても、
IO性能の劣化を許容出来ないシステムの場合
仮想サーバを停止し、データ領域を含むディスクのスナップショットを実行 KCPSのスナップショット機能を用いる場合、以下のようにデータ領域・バックアップ領域とOS起動ボリュームを分けるようにしてください。snap_io_okOS起動ボリュームは、サーバの構築時やパッチ適用時に、仮想サーバを停止し、手動ナップショットを実行してください。データ領域やバックアップ領域のボリュームは、LinuxのcronやWindowsのタスクスケジューラを用いて、該当のディスクをアンマウントした状態にしてから定期スナップショットを実行。
例:対象ディスクを0:00にアンマウント
0:05分に定期スナップショット実行
対象ディスクを0:10に再度マウント
以下の様なNFSサーバをたて、バックアップソフトなどを用いてNFSサーバの追加ボリュームにバックアップデータを保存。LinuxのcronやWindowsのタスクスケジューラを用いて、バックアップデータを保存したボリュームをアンマウントした状態にしてから定期スナップショットを実行。snap_io_ng例:対象ディスクを0:00にアンマウント
0:05分に定期スナップショット実行
対象ディスクを0:10に再度マウント

サイトバックアップ【Ver2のみ】

Admin Consoleの操作で、手動または、自動で異なるサイトのボリュームから、テンプレート/ボリュームを作成できます。
※本機能ご利用の場合は、東日本サイトと西日本サイトで同一ログインID(希望ID@KDDI契約管理番号(M+数字8桁))での申込みが必要となります。
※メインサイトを東日本サイトとしてご利用の場合、DRサイトとして西日本サイトのご契約が必要となります。
※メインサイトを西日本サイトとしてご利用の場合、DRサイトとして東日本サイトのご契約が必要となります。

※サイトバックアップ機能の提供開始前に作成したスナップショットのデータも利用可能です。
※実容量2TBのボリュームをスナップショットする時間の目安として48時間ほどとなり、そのスナップショットをサイトバックアップにてDRサイト側にボリュームを作成する時間の目安も48時間ほどとなります。よってメインサイトでの定期スナップショット取得からDRサイト側でのオートサイトバックアップによる作成にかかる時間は96時間ほどとなります。(KDDI検証環境での目安であり、時間の保証をするものではありません)

手動(マニュアル)

※メインサイトでスナップショットにかかる時間と同じだけの時間がDRサイトでのテンプレート、ボリューム作成にかかります。
※マニュアルサイトバックアップは実施の度に作成されます。

OS起動ボリュームの場合

OS起動ボリュームの場合

メインサイトでボリュームのスナップショットを作成します。
作成したスナップショットに対して、マニュアルサイトバックアップを実施し、DRサイトにテンプレートが作成されます。


OS起動ボリューム以外の場合

OS起動ボリューム以外の場合

メインサイトでボリュームのスナップショットを作成します。
作成したスナップショットに対して、マニュアルサイトバックアップを実施し、DRサイトにボリュームが作成されます。


自動(オート)

※スナップショットにかかる時間と同じだけの時間がDRサイトでのテンプレート、ボリューム作成にかかります。
※スナップショット元のボリュームが同じ場合、サイトバックアップで作成されるテンプレート、ボリュームは上書きとなります。
※自動設定中は、10分間隔でサイトバックアップ未実施の最新のスナップショットに対して処理が実行されます。

OS起動ボリューム

OS起動ボリューム

メインサイトでボリュームのスナップショットを作成します。
最新のスナップショットに対して、オートサイトバックアップを実施し、DRサイトに、テンプレートが作成されます。


OS起動ボリューム以外の場合

OS起動ボリューム以外の場合

メインサイトでボリュームのスナップショットを作成します。
最新のスナップショットに対して、オートサイトバックアップを実施し、DRサイトに、ボリュームが作成されます。

定期スナップショットと組み合わせることで、毎日作成される最新のスナップショットを自動でサイトバックアップできます。

リストア

Admin Consoleの操作で、作成したスナップショットから仮想サーバおよびボリュームのリストアが可能です。

リストアの手順

① OS起動ボリュームのスナップショットから新規テンプレートを作成
② ①のテンプレートから新しい仮想サーバを作成
③ 追加ボリュームを利用していた場合、追加ボリュームのスナップショットから
新規ボリュームを作成
④ ②でリストアした仮想サーバに③のボリュームをアタッチ

ただし、リストアには以下の制限があります。

Ver1

  • スナップショットを作成したサイトでのみリストアが可能です。
  • スナップショットを作成したサイト(メインサイト)が被災した場合、サイトの復旧後、弊社がDRサイトからデータの復元作業を実行します。その後、メインサイトにて、リストアが可能となります。

Ver2

  • スナップショットを作成したサイトでのリストア以外に、サイトバックアップ機能を用いることで、メインサイトの被災時にも事前にDRサイトで仮想サーバを確保いただくことで万が一の災害時に、DRサイトでのリストアも可能となります。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/03/29 2017/03/29