構築・運用オプション(ログ監視)

【正規表現(Posix形式)】

メタ文字 意味
. 任意の文字にマッチする。
[] 括弧内に含まれる一文字にマッチする。例えば、[abc] は a、b、c にマッチする。英語のアルファベットでは、[a-z] は全ての小文字にマッチする。
これらは混ぜることが出来る。[abcq-z] は a、b、c、q、r、s、t、u、v、w、x、y、z にマッチし、[a-cq-z]でも同様である。文字 ‘-’ は括弧内の最初か最後にあるときのみ、リテラルに扱われる。
例えば、[abc-] や [-abc]は a、b 、c 、- にマッチする。[ や ] 自身にマッチさせる最も手っ取り早い方法は、囲んでいる括弧内で、括弧が最初になるようにすることである。例えば、[][ab] は ]、[、a、b にマッチする。
[^] 括弧内に含まれない一文字にマッチする。例えば、[^abc] は a、b、c 以外の任意の文字にマッチする。
[^a-z] は小文字以外の任意の一文字にマッチする。上と同様にこれらは混ぜることが出来る。
^ 行の最初にマッチする。
$ 行の最後にマッチする。
\( \) これに囲まれた表現は、後に呼び出すことが出来る。次の \n の項を参照のこと。
\n ここで n は1から9までの数である。n 番目の \( \) で囲まれた部分にマッチする。この構文は理論的には、言うならば非正規で(正規表現の記述力を超える)、POSIX拡張正規表現では採用されていない。
* ・一文字に続く “*” は0回以上の表現の繰り返しにマッチする。例えば、”[xyz]*” は “”、”x”、”y”、”zx”、”zyx“
などにマッチする。
・n を1から9までの数字としたとき、\n* は \( \) で囲まれた部分の0回以上の繰り返しにマッチする。
例えば、”\(a.\)c\1*” は abcab や abcabab にマッチするが、abcac にマッチしない。
・”\(” や “\)” で囲まれた表現に続く “*” は無効とされる。しかし、一部の環境ではそうならない。
\{x,y\} 直前の“ブロック”の x 回以上 y 回以下の繰り返しにマッチする。例えば、“a\{3,5\}” は aaa、aaaa、aaaaa にマッチする。

・メタ文字の前にバックスラッシュ(\)を付けることでリテラルに解釈する。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/03/29 2017/03/29