仮想サーバの作成【Premium(VMware)】

Premium(仮想化基盤:VMware)におけるリソース割当方法

  • 利用したいゲストOSに必要なリソースをご契約メニューのリソース内で割当てることが可能です。
  • vCPU数
    • Admin Consoleからの操作で、各仮想サーバへの割当て数を下記から選択できます。
      Ver1 Ver2
      1、2、4、6、8、10 1、2、4、6、8、10、12、14、16
        • オーバーコミットをしない場合は、全仮想サーバ(ゲストOS)への割当てvCPU数の合計値は、15vCPU (*1)を上限としてください。

          ※仮想化基盤の割当てvCPU数は、仮想サーバへの割当て総数の残数が割当てられます。安定稼働のため、最低 1vCPUを確保する必要があります。
          *1 12vCPUのPremiumの場合は、11vCPUを上限としてください。
        • 全仮想サーバ(ゲストOS)への割当てvCPU数の合計値が提供vCPU数を超過して割り当てるオーバーコミットは可能です。
          ※オーバーコミットをした場合は、お客さまのインスタンスのvCPU利用率や仮想サーバ(ゲストOS)の割当て数に応じて、パフォーマンスの低下が発生いたします。オーバーコミット利用に伴うパフォーマンス低下などのトラブルはサポート対象外となります。
        • 一度割当てたvCPU数の変更には以下の制約があります。
      Ver1 Ver2
      仮想サーバを停止した後、変更してください。 仮想サーバを停止した後、変更してください。仮想サーバ起動中も拡張は可能です。
      但し、WindowsOSでは、再起動するまでタスクマネージャの表示は変更されません。
  • メモリサイズ
    • 各仮想サーバへの割当てサイズを下記から選択できます。
      Ver1 Ver2
      1、2、4、6、8、10、12、14、16、20、24、32、46 1、2、4、6、8、10、12、14、16、20、24、28、32、36、40、44、48、52、58
        • 全仮想サーバ(ゲストOS)への割当てメモリサイズの合計値は、58GB(*1)を上限としてください。
          ※仮想化基盤(ハイパーバイザー)への割当てメモリサイズは、仮想サーバへの割当て総サイズの残サイズが割当てられます。このため、安定稼働のため、最低限6GBを確保する必要があります。
          ※オーバーコミットをした場合は、お客さまのインスタンスのメモリ利用率や仮想サーバ(ゲストOS)の割当て数に応じて、パフォーマンスの低下が発生いたします。オーバーコミット利用に伴うパフォーマンス低下などのトラブルはサポート対象外となります。
          ※一度割当てたメモリサイズの変更には以下の制約があります。
      Ver1 Ver2
      仮想サーバを停止した後、変更してください。 仮想サーバ起動中も拡張は可能ですが、以下の制約があります。

      • 変更前のメモリサイズの16倍が拡張の上限となります
      • Linuxの場合、1GB~3GB、4~58GBの間でのみ変更可能です。
      • WindowsOSでは、再起動するまでタスクマネージャの表示は変更されません

      *1 48GBのPremiumの場合は、42GBを上限としてください。

    • OSで認識可能な、メモリサイズはOS種別によって異なります。
  • ボリュームサイズ
    • OS起動ボリューム(ルート/Cドライブ)の容量は、100GBとなります。
      • OS起動ボリュームが100GB未満のテンプレートを利用した場合も100GBの場合と同じ料金となります。(マイテンプレートなど)
    • OS起動ボリューム以外のボリュームは、1ボリュームあたり10GB単位で最大2TBまで割り当てできます。
      • バージョン1.0では、一度作成したボリュームサイズの変更はできません。
      • バージョン2.0では、一度作成したボリュームサイズの変更(最大2TBまで)ができます。ボリュームサイズ変更後に、仮想サーバの再起動と再マウント処理が必要となります。
  • 1仮想サーバにアタッチできる最大ボリューム数は、バージョン1で5ボリューム、バージョン2で12ボリューム(OS起動ボリューム除く)となります。
  • ボリュームの接続(アタッチ)はインスタンス起動中でも動的に可能です。ボリュームの取り外し(デタッチ)はサーバ停止の上での実施を推奨します。
  • OS上で認識されるボリュームの順番は、Admin Consoleで仮想サーバにボリュームを接続(アタッチ)した順番となります。

【利用OS毎の割当可能リソース数】

ゲストOS ストレージ種別
システムストレージ データストレージ
OS起動ボリューム OS起動ボリューム以外
Windows Server 50GB または 100GB
*バージョン2は100GBのみ
10GB単位で
1ボリューム
最大2TB
10GB単位で
1ボリューム
最大2TB
RedHat Enterprise Linux
Cent OS

※提供テンプレート一覧は以下をご確認ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/03/29 2017/03/29