仮想サーバの注意事項

ご利用になる際は、下記URLに掲載の禁止操作、よくあるご質問を事前に確認してください。

仮想サーバの作成制限

  • Value、Premium全体で作成できる仮想サーバは以下となります。
    Ver1 Ver2
    28台まで サイトごとに28台まで

    上限数変更についてはご相談ください。

仮想サーバの停止

  • Ver1でKVMをご利用時は、仮想サーバで停止操作を行うとHA機能が作動し、仮想サーバが別の物理サーバ上に再起動され、停止されません。サーバ停止操作は、必ず、Admin Console上で実行してください。
  • Ver1およびVer2でVMwareをご利用時は、仮想サーバの停止は、仮想サーバから停止することが可能です。
  • 新規に仮想サーバを作成した直後に、Admin Consoleから停止操作を実施すると正しく作成されない場合があります。コンソール画面より仮想サーバの起動が確認できた後に停止操作を実施してください。

仮想サーバの再起動

  • WindowsOSの仮想サーバの再起動は、Admin Consoleから実施せず、直接仮想サーバから実施してください。

仮想サーバのNIC数

    • Ver1では1つの仮想サーバに接続できるセグメントは3つまでとなります。(KDDI管理用セグメントは除く)サーバ作成後の追加や削除は出来ません。
    • Ver2では1つの仮想サーバに接続できるセグメントは9つまでとなります。(KDDI管理用セグメントは除く)サーバ作成後もデフォルトNIC以外のNICについては、追加や削除が可能です。

仮想サーバのCPUおよびメモリ割り当て上限

Windowsの「Hyper-Threading(HT)」機能について

      • KCPSではWindows Serverの「Hyper-Threading(HT)」機能はご利用いただけません。仮想サーバ上で「Hyper-Threading(HT)」の設定をしないようお願いします。

OSの持ち込みについて

      • Ver2において、OSをマイISOの機能を用いて、持ち込む場合、「VMwaretools」のインストールが必須となります。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/03/29 2017/03/29