サービス利用方法

Admin Consoleのご利用方法の詳細については、操作マニュアルをご参照ください。

Premium/Value

  • Premium、Valueおよびオプションメニュー(一部を除く)の基本操作は、Admin Console上からお客さまにて操作可能です。一部ネットワーク等オプション設定については、KDDIにお申込みの上、KDDIがプロビジョニング作業を実施いたします。
  • 新規作成されたサーバに対し、インターネットもしくはKDDI WVS経由でリモートデスクトップ(RDP)/ SSHによりログインして頂き、アプリケーションのインストール・設定変更を実施して頂きます。
  • ご利用拠点からのアクセスは、お客さまの設定により、インターネットのみ、KDDI WVSのみ、もしくは両方からのアクセスが可能となります。
  • KDDI WVSをご利用時は、KDDI WVSの各種オプションがご利用可能です。
    • トラフィックフリー(以下、TF)対象  ※KDDI WVSイーサアクセスのみ
    • リモートゲートウェイオプションにより、セキュアなモバイル接続が可能

 

サービス利用方法

オブジェクトストレージ

  1. KCPS申込書にオブジェクトストレージと接続するお客さまWVSを指定し、KDDIへ提出します
  2. KDDIにて、申込書に基づき、お客さまWVSからのみ接続可能なオブジェクトストレージを準備します
  3. KCPS開通後、お客さまは、Admin Consoleにて、オブジェクトストレージのエンドポイントURLを確認します。
  4. 続けて、Admin Consoleにて、オブジェクト(データ)を収容するバケットを作成し、アクセスキー、シークレットキーを払出します。
  5. KCPS上の仮想サーバまたはオンプレミスのシステム、開発環境から、REST APIにて、作成したバケットへのオブジェクト操作(アップロード、ダウンロード、リスト取得など)が可能です。

 

利用方法

 

ご利用方法の詳細は「開発者ガイドブック」をご参照ください

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017/03/29 2017/03/29